自分でも無駄だと思っていてもやめられなくなる強迫神経症という病気

治療方法

考える

この強迫性障害を治療する為には様々な方法があります。まず最初に認知行動療法というものがあります、これは非常に単純な方法で強迫性障害に押されて行っている行為を強制的に我慢するという治療法です。
強制的に我慢することで暗示から開放され、何度も同じ行為を繰り返したりすることをなくそうという中々の荒治療になります。しかしこれが中々に効果が高く、再発も少ない為に割りと利用されることが多いです。しかし相性が悪ければこれによって熱を出してしまったり、倒れたりするような強迫性障害の患者さんもおりますから、本人が希望していないのに強制的にやらせるのはあまりよくありません。

この行動以外の方法で治療する為には薬物療法があります。そもそも、強迫性障害になっている人は不安感や焦燥感などが強く、ストレスを感じている傾向にあります。そのために抗鬱剤だったり抗不安剤を利用して
今抱えている不安な気持ちを処理し、だんだんと強迫性障害によって起こっている行動をやめようという治療です。これは本人の気持ちも楽になりますし、不安感も薄れるようになりますから安心して利用している人が多いです。
しかし、これをすることによって強迫性障害が簡単に良くなるのかというとそうではありませんから、長い目で見た治療が必要となってきます。